【画像探訪】

【画像探訪】漫画家「荒木飛呂彦」のカラーなお仕事画像(年代別)いろいろ 239枚 #荒木飛呂彦 #ジョジョ #jojo

スポンサーリンク
【画像探訪】

漫画家の「荒木飛呂彦(あらき ひろひこ)」先生の直筆カラー画像を集めてみたよ。

わかる範囲だけど年代別に分けてみたよww

Contents
荒木飛呂彦(あらき ひろひこ)プロフィール
バオー来訪者 1984 – 1985
HIROHIKO ARAKI WORKS 1987
HIROHIKO ARAKI WORKS 1987-1989
HIROHIKO ARAKI WORKS 1989-1992
HIROHIKO ARAKI WORKS 1992 – 1995
HIROHIKO ARAKI WORKS 1995 – 1999
HIROHIKO ARAKI WORKS 2000 – 2003
HIROHIKO ARAKI WORKS 2004 – 2011
HIROHIKO ARAKI WORKS 2011 –
HIROHIKO ARAKI WORKS OTHERS

荒木飛呂彦(あらき ひろひこ)プロフィール

宮城県仙台市若林区出身。1960年〈昭和35年〉6月7日生。

『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズを代表作とする漫画家。 

極めて独特な作画やコマ割り、頭脳戦を盛り込んだバトル、奇抜なカラーやポージングなど、あらゆる面で革新的な漫画を創出し続けている。 漫画家としては『ジョジョ』とその派生作品にほぼ専念しているが、本人曰く「何を描いてもジョジョになってしまう」らしい。

荒木は自身の絵柄についてルネッサンス美術、特にミケランジェロに影響を受けたと公言しており、「ジョジョ立ち」と呼ばれる独特のポージングもイタリア美術が発想の元となっている。
色は紫を好み、絵柄についてはファッション・イラストレーターのアントニオ・ロペスやSF・ファンタジー画家のフランク・フラゼッタ、ヨーロッパの漫画家エンキ・ビラルやユーゴ・プラットなどからの影響も指摘されている。
荒木の作品では非対称な変形コマを多用し、ページ全体が歪んで見えるようなコマ割りがしばしば行なわれる。
台詞回しはしばしば翻訳調と言われており、荒木も「本を読んだ影響が残っているんじゃあないか」と話している。「じゃないか」に「あ」を加えた荒木独特のものであり、「じゃあない」、「じゃあないぜ」、「じゃあないのォ?」といったパターンも確認されている。

秋本治氏を漫画家稼業において手本にしており、規則正しい生活で締切を落とさないスタイルをモットーとしている点を挙げている。

 【 代表作 】

スポンサーリンク

バオー来訪者 1984 – 1985

スポンサーリンク

HIROHIKO ARAKI WORKS 1987

スポンサーリンク

HIROHIKO ARAKI WORKS 1987-1989

スポンサーリンク

HIROHIKO ARAKI WORKS 1989-1992

スポンサーリンク
スポンサーリンク

HIROHIKO ARAKI WORKS 1992 – 1995

スポンサーリンク
スポンサーリンク

HIROHIKO ARAKI WORKS 1995 – 1999

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Blog!NOBON++
タイトルとURLをコピーしました