Mac

アップル初のコンピュータ「Apple 1」の手書きのシリアルナンバーを書いた人物が判明したぞ!!

スポンサーリンク
Mac

ども NOBONです:)

アップル社が1976年7月に発売した最初のマイクロコンピュータ「Apple 1」。

dailynewsagency.com

初期ロットの一部のメインボードの背面には、手書きのシリアルナンバーが刻まれていて、現存しているものは数十台だそうです。

こんな感じの「01-00##」の手書き連番になっているそうです。

誰が書いたのかずっと謎だったそうなのですが、この度、筆跡鑑定調査によりこの謎が解明されたとギズモード・ジャパンさんが紹介していたのでご紹介です。

これまで手書きのシリアルナンバーを書いた可能性のある方々の返答は以下のようなものでした

  • ウォズニアック –> NO
  • ジョブズ –> NO
  • 基板の組み立てとテスト担当のダニエル・コットケ –> NO
  • 基板メーカー –> NO
  • Byte Shopのオーナー –> NO

じゃあこのシリアルナンバーを書いたのは一体誰?ってことで、ドイツのアキム・パケ氏が2台のApple-1を筆跡鑑定会社に託したとのこと。

で、3カ月にわたる調査と検証の結果・・・

シリアルナンバーを書いたのはジョブズ!!

という結果が出たそうです!

本人は否定していたんですけどね。忘れたんでしょうかね??

ま、いずれにしてもシリアルナンバー入りのApple-1はこれまで以上に付加価値が加わっちゃいましたねww

Apple-1の詳細はMacテクノロジー研究所さんのこちらの記事が面白いですよ(≧∀≦)b!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Blog!NOBON++
タイトルとURLをコピーしました