iPhone

iPhoneの「デジタル免許証」機能が米アリゾナ州で初導入される

iPhone
スポンサーリンク

昨年9月にアップルはアリゾナが「デジタル免許証のサポート」をする初の州となることを予告してから、ここ最近は音沙汰がありませんでした。が、今月23日、ようやく米アリゾナ州で利用できるようになったこととEngadget 日本版さんが紹介していましたのでご紹介です。

記事によると、デジタル身分証明書が導入された州は、アリゾナ州が全米で初めてとのこと。

今後アリゾナ州民は運転免許証や州の身分証明書をiPhoneの「ウォレット」アプリに登録して、空港にあるTSA(米国運輸保安庁)のセキュリティチェックポイントなどで使えるんだそうです。

アップルのApple PayおよびApple Wallet担当副社長のジェニファー・ベイリー氏は以下のように述べています。

本日、Walletで初めて運転免許証と州IDをアリゾナ州に持ち込み、旅行中にiPhoneやApple Watchをタップするだけで、簡単、安全、かつプライベートなID提示方法をアリゾナ州民に提供できることに興奮しています

今回のニュースリリースによれば、この後、コネチカット、ジョージア、アイオワ、ケンタッキー、メリーランド、オクラホマ、そしてユタが続き、さらにはコロラド、ハワイ、ミシシッピ、オハイオ、プエルトリコの各州が続くようです。

現在はしばらくの間の利用はかなり限定的となる模様ですが、「ウォレット」アプリによるデジタル免許証は、iOS 15.4 以降を実行している iPhone 8 以降、および watchOS 8.4 以降を実行している Apple Watch Series 4 以降で利用できます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Blog!NOBON++
タイトルとURLをコピーしました