Mac

「エクセル」が最新バージョンでAppleシリコンMacを完全サポート:)

Mac
スポンサーリンク

ども NOBONです:)

Microsoft Excelが、最新バージョン(16.57)でAppleシリコンをネイティブサポートしたとゴリミーさんが紹介してたのでご紹介。

リリースノートによると、Power Query(データを取得&変換)が対応しており、Rosetta 2で動作させる必要がなくなったそうです。

Excel は、Apple シリコン CPU を搭載したデバイスで完全にサポートされるようになりました: Excel for Mac の Power Query は、Apple シリコン プロセッサでネイティブにサポートされるようになりました。 以前に Rosetta エミュレーターを使用して Excel を実行していた場合は、これを無効にして、デバイスで Excel をネイティブに実行できるようになりました。

docs.microsoft.com

ネイティブサポートは、買い切りのOffice 2019 for Mac、Office LTSC 2021 for Mac、Office 2021 for Macでも適用され、M1、M1 Pro、M1 Maxチップが動作するMacで対象となるExcelを使っている場合、パフォーマンスの向上および使用電力の効率化が見込めるとのこと。

ちなみにアップデートは、Microsoft AutoUpdate (MAU) で入手可能。

Microsoft AutoUpdate を使用するには、Office アプリケーションを起動し、[ヘルプ] > [更新プログラム] を選択します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Blog!NOBON++
タイトルとURLをコピーしました