Apple

近畿大学が日本初のアップル認定教育トレーニングセンター「AATCE」をオープン

Apple
スポンサーリンク

ども NOBONです:)

11月26日、近畿大学がApple認定の教育トレーニングセンター「Apple Authorized Training Center for Education」(AATCE)を日本で初めて開設したそうです。

近畿大学は、2022年4月の情報学部開設にあわせて、プログラミング能力の全学的な向上を図ることを目的としており、AATCEでは、アップル製品のアプリ開発に必要なプログラミング言語である「Swift」やアプリ開発ツール「Xcode」などを身につけられるそうです。
iOSやmacOSアプリ開発の現場ではSwiftが主流となっているため、Swiftを身につけることで活躍する場は日本から世界に広がります。

また、トレーニングプログラムの受講後はアップルが提供するSwift、Xcode、App開発ツールの基礎知識保有を証明する資格試験「App Development with Swift」を、近畿大学にて受験できるそうです。

newscast.jp

AATCEの施設概要としては・・・

場 所:近畿大学 東大阪キャンパス アカデミックシアター1階 ACT414
    (大阪府東大阪市小若江3-4-1、近鉄大阪線「長瀬駅」から徒歩約10分)
座席数:18席(iMacが使用できる席数)
設 備:iMac 18台、iPad 13台、iPhone 10台、Apple Watch 3台
    AirPods 6台、Apple Pencil 13本、Apple TV 1台
    HomePod mini 2台

以下の動画は、AATCEの開設を記念して11月26日に行われた情報学研究所の所長である夏野剛氏と、2ちゃんねるの開設者である西村博之氏による「プログラミングを学ぶ必要性について」をテーマにしたトークセッションの模様です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Blog!NOBON++
タイトルとURLをコピーしました